ネットビジネスを成功へ導く基本テンプレート | No.11 ランディングページ英米標準型

[最終更新日]2013/11/27 [公開日]2013/11/27 五十嵐 習時
nicelandingpage.comのサイトをBeafの法則を使って解説3

最新、英米標準のテンプレートにしたがって、効果的な ランディングページ をサクサク作ってしまおう!

ランディングページの使命は、次の2つのうち、いずれかだ。

① 訪問してくれたユーザーが、その場で、登録・申込・購入などのアクションを起こしてくれること。

② 訪問してくれたユーザーを目的のページへ誘導したり、情報を告知したりすること。(直帰率の低減や短時間での離脱を防ぐ構成)

これら2つについて、最新、英米標準型の無料テンプレートを下に用意した。

コンテンツ重視に対応のテンプレートを表すTOP画像
nicelandingpage.comのサイトをBeafの法則を使って解説11

■ 上と同じ番号の解説へ

             

  • 「BEAFの法則」とは、信頼感を与え、購買・登録などの行動を促す技法のこと
  • 「B」Benefit(利益や結果)
  • 「E」Evidence(証拠)
  • 「A」Authority(権威 付け)もしくは Advantage(競合優位)
  • 「F」Feature(特徴もしくは Feel easy(安心)          「BEAFの法則」の徹底解説はこちらから
  • Webページ、セールスレター、レポート、小論文、プレゼン文章もサクサクと!

    ■ 以下は各テンプレートへのリンクとその解説への内部リンク
      まずは解説を読んでから効率的に!

    ▶ テンプレート1
    PREP法 米国流論理的文章構成「①導入結論②理由③具体例④最終結論」

    ▶ テンプレート1の解説

    ▶ テンプレート2
    時系列の記事・まとめ記事・リスト記事用(広告業界で一般的な型)

    ▶ テンプレート2の解説

    ▶ テンプレート3
    論理的構成 読み手を納得させ 最もよく利用される AとBの比較型

    ▶ テンプレート3の解説

    ▶ テンプレート4
    論理的構成 AブロックとBブロックの対比型

    ▶ テンプレート4の解説

    ▶ テンプレート5
    論理的構成 A・B・C 3つ以上の比較型

    ▶ テンプレート5の解説

    ▶ テンプレート6
    セールスレターの書き方 | Web版基本テンプレート No.6 BEAFの法則1

    ▶ テンプレート6の解説

    ▶ テンプレート7
    セールスレターの書き方 | Web版基本テンプレート No.7 BEAFの法則2

    ▶ テンプレート7の解説

    ▶ テンプレート8
    セールスレター・テンプレート プレミアム(ランディングページ用)
    ▶ テンプレート8の解説(準備中)

    ▶ テンプレート9
    起承転結型(漢詩で採用されて以来、1000年以上も利用される定番)

    ▶ テンプレート9の解説

    ▶ テンプレート10
    AIDMA型

    ▶ テンプレート10の解説

    ▶ テンプレート11
    世界標準 ランディングページ・フォーメーション文章作成テンプレート

    ▶ テンプレート11の解説

    ▶ テンプレート12
    大学生用レポート・テンプレート(準備中)

    Googleが好むビジネス・コンテンツ(文章部分)をテキパキと作る
    あなたの文章作成テンプレート11 ランディングページ英米標準型

       このテンプレート11は ランディングページ英米標準型です 「14のステップ」でサクサクと作る!

    ■ 適切に表示されない場合にはキーボードの「F5」(Windows)か「コマンド(リンゴマーク)+R」(MAC)を押してください ■

    14 のステップでランディングページを作る!

    ■ 左の画像の番号を意識しながら、右の空欄を埋めて作り上げていきます。あなたのメールアドレス宛に送信することができます。■

     

    Landing-pageの画像

    ①に関して:ヘッドライン(h1 記事タイトル /h1)

    ※ 『賢威』などのテンプレートによっては、ここの「h1」が「h2」になります。

    仮タイトル( Google検索結果の表示は全角27文字 できるだけ27文字以内 )

    あと27文字

    ■ ワンポイント1
    冒頭に検索キーワードを入れるとSEO上効果的で(※1)、具体的な数字を入れるとクリック率があがる。(PPC広告で検証済)

    ■ ワンポイント2
    どうしても良いタイトルが思いつかないという人は、次のようなサイトを利用するのも一つの手だ

    ブログのエントリのタイトルを考えるのが苦手な人のための: ホッテントリメーカー

    どのようなタイトルの記事が注目されているかがわかる: 注目のみんなのランキング

    下向きの矢印の画像

    上位表示させたい検索キーワード ( 複合キーワードの場合もある )

    ■ ワンポイント1
    ページごとに上位表示させたい検索キーワードを明確にし、(複合キーワードを含め)難易度の低いものから確実に上位を獲得していくことが重要。

    ■ ワンポイント2
    需要のない検索キーワードで、自分のWebサイトへ集客しようとすることについては、見直すべきである。

    下向きの矢印の画像

    関連語( 検索キーワードの関連語も重要!下に専用の検索エンジン )

    ■ ワンポイント
    本文に関連語が含まれると上位表示されやすい!(裏付け:※1)

    下向きの矢印の画像

    ①~⑭全体に関して:

    ■ 意外と重要ですので忘れないようにチェックを(1 )( 数が多いほど有利 )
    これから書く記事の内容には需要がある  読者のターゲットは明確である  Googleで関連するキーワードを全て抽出した  Yahoo!で関連するキーワードを全て抽出した  関連語や連想語を専用の検索エンジンで調べた  Googleブログ検索で検索した  はてなブックマークで検索した  Twitterサーチで検索した  「いいね!」数、はてなブックマーク数、ツイート数などを把握した 検索ついでに記事タイトルの良し悪しを把握した  検索キーワードの良し悪しを把握した  コール・トゥ・アクション(読者の行動喚起の工夫)を用意した

    下向きの矢印の画像

    コンテンツのタイプ(スタイル)を選択

    下向きの矢印の画像

    記事の書き方のタイプを選択

    下向きの矢印の画像

    ■ 意外と重要ですので忘れないようにチェックを(2 )( 数が多いほど有利 )
    タイトルが最も重要である  難しい単語を使わず分かりやすく  本題以外に余計なことを書かない  「みなさん」ではなく「あなた」を使う  受動形ではなく能動系で文章を書く  否定形ではなく肯定形で文章を書く  予め全体のアウトライン(概要や目次)を作ってから書く  1つ1つの文章を短くして書く  必要以上に接続詞を使わない  文言や文法のミスをできるだけ少なくする  量より質の時代  読者が期待する以上のコンテンツにする  その道の専門家や先生になったつもりで情熱を持って書く 

    Landing-pageの画像
    下向きの矢印の画像

    ②に関して:サブヘッドライン(h2 小見出し /h2)

    サブヘッドライン( 文字数に具体的な制限はないが32文字以内目安)

    あと32文字

    ■ ワンポイント1
    ヘッドラインとコンテンツ本文との一貫性が重要。
    ■ ワンポイント2
    簡潔明瞭に読者が本文を読まずにはいられないサブタイトルを。

    下向きの矢印の画像

    ③に関して:コンテンツ本文の概要

     まずは概要から。文字入力とあなたご自身へメール送信が可能です!


    ※ 表示の都合で改行の br / タグを入れているため削除を。
    ※ コンテンツ本文の記入は末尾に用意。

    ■ ワンポイント
    「だ・である調」のような常体、「です・ます調」のような敬体の統一!

    下向きの矢印の画像

    ④と⑫に関して:信頼性・権威付け・利用者の声

    複数選択可( どれを用意しますか )

    権威付けとして専門家や著名人のコメントを用意する 
    証明書・認定書などは用意する 
    利用者の声を用意する 
    社長や代表者の熱いコメントを掲載する方法で代用する 
    それぞれ画像か動画を用意する 

    下向きの矢印の画像

    ④「信頼性・権威付け・利用者の声」の小見出し
    簡潔明瞭な小見出しをつけよう!

    下向きの矢印の画像

    ⑤に関して:行動喚起(コール・トゥ・アクション)

    行動喚起(コール・トゥ・アクション)( 中の例を参考にしながら入力 )

    ■ ワンポイント
    記事を読んだ訪問者に対し、次に何をすれば良いかを明確に示し誘導する必要がある。DO IT NOW!(今すぐ始めよう!)などと行動喚起をする。ここで限定性・希少性を演出することも1つの有効な方法だ。⑤の横には必ず⑥を置く。

    下向きの矢印の画像

    ⑥に関して:行動喚起のためのボタン

    ランディングページの開設

    行動喚起のためのボタンは既に用意した 
    ボタンには行動を促す文言や案内の文言を入れた 
    ボタンは明るくて大きくページの中で一番目立っている 

    下向きの矢印の画像

    ⑦に関して:リンクは極力少なく

    リンクは極力少なくした 
    サイドバーのない1カラムのページを用意した 
    グローバルナビがないページを用意した 

    ■ ワンポイント
    ランディングページが目的とする「コール・トゥ・アクション用ボタン」以外のリンクがあると、確実にコンバージョン率(ボタンのクリック率)が下がります。

    下向きの矢印の画像

    ⑧に関して:画像、サムネイル画像を指定した動画

    画像にするか動画にするかを選択(動画は短時間で多くの情報を伝えることができる)

    下向きの矢印の画像

    画像、動画についてチェック

    画像、動画のサムネイル画像は、直帰を避けるため、必ず、ヘッドライン(記事タイトル)で引き付けられた訪問者がヘッドラインと違和感 を感じないものにする。 動画の内容は、商品・サービスの具体的な内容、訪問者に信用してもらうため「証拠」を示すもの、「権威付け」のため専門家や著名人が推薦などのコメントを行っているもの、「安心」のための利用者の感想などを含めると良い。専門家や著名人のコメントが得られない場合には、社長や代表者が自ら熱く語るという手法で代用できる。 商品・サービスの具体的な利用方法を動画で示すと購買意欲があがる

    下向きの矢印の画像

    ⑨に関して:スクロールなし(知名度に依存)

    商品にある程度知名度がある場合、海外の最新標準ランディングページではスクロールなしで見れるサイズ
    縦長でセールスレター型のWebページは、知名度の低い商品を販売する目的で利用するランディングページの一種であり、知名度がない商品を販売したい場合には信頼感を与える構成に注意しながら、また希少性と限定性を打ち出しながら、これを利用する

    下向きの矢印の画像

    ⑩に関して:改善のための PDCA(重要)

    改善のためのPDCAが行えるようにGoogleアナリスティックはもちろんのこと、Heat map や Scroll map 、訪問者の行動を実際に把握する Monitoring System など、各数値の計測ができる準備は済んでいる。なお、ランディング・ページについての客観的な情報を得るための、Heat map・Scroll map・Monitoring System については Web Marketing.club のものが個人でも気軽に購入できる価格設定であるためコストパフォーマンスが高い
    少なくともランディング・ページへのアクセス数と⑥のボタンのクリック数等(コンバージョン率)は計測できる

    ⑪は下で用意しており、⑫は④の箇所で終了

    下向きの矢印の画像

    ⑬に関して:SECUREマークのシール

    Landing-pageの画像

    選択してください

    ■ ワンポイント
    このシール(マーク)があるか否かでクリック率、申込率、購入率が大幅に変わります!

    下向きの矢印の画像

    ⑭に関して:自動返信メールとステップメール

    選択してください

    自動返信メールとステップメールについては Web Marketing Club の WP Revolution - advantage 以上のシリーズには、世界的に評価の高いシステムがパッケージとして含まれています。

    下向きの矢印の画像

    ⑪に関して:商品・サービスの様々な特徴や補足的な情報

    何を記載するかを選択

    ⑪の内容【下に文字数カウントダウン表示】(ある程度の文字数が欲しいところ)

    下向きの矢印の画像

    あと400文字

    下向きの矢印の画像

    ③に関して:コンテンツ本文

    本文【下に文字数カウントダウン表示】(ここである程度の文字数が欲しいところ)

    あと800文字

    ■ ワンポイント1
    ここに誤字脱字や文章としておかしな内容があると、訪問者のサイトに対する(お店に対する)信頼性が、著しく下がることが分かっている。記事を書いた後、数時間して、もしくは翌日、必ず読み直そう!

    ■ ワンポイント2
    読みやすい文章にしよう!せっかく書いても1~2行しか読んでもらえいのは、もったいない!!読者の対象を中学生だと思い文章を書くと、読みやすい文章になると言われている。

    そこで、誤字脱字を防いだり読みやすい文章になるように次のようなサイトを利用しよう!

    誤字脱字など有無についてチェックしたい人のための 日本語のタイポ/変換ミス/誤字脱字エラーをチェック

    書いた文章が読みやすいか否かを調べたい人のための 日本語テキストの難易度推定 (リンク先のページ上部にあるリンクをクリック)

    下向きの矢印の画像

    メタディスクリプションに関して
    Googleは復活を示唆しています

    メタディスクリプション
    (ページの要約文:キーワードを含め120文字前後で)

    あと120文字

    ■ 上位ページ統計情報2(※1)
    メタディスクリプション文字数の平均値は
    70~80文字、中央値は64~76文字

    ■ 上位ページ統計情報3(※1)
    メタディスクリプションに検索キーワードを入れると
    そのキーワードで上位表示されやすい

    下向きの矢印の画像

    タイトルの本決め(タイトルは最重要!32文字以内 キーワードを含める)

    あと32文字

    下向きの矢印の画像

    あなたの宛のメールアドレスを入力 ( あなたの備忘録として 上の入力情報を 下に入力したあなたのメールアドレス宛に送信 )

    ( コピー&ペーストが面倒な方は、上記の入力内容のメールが「タイトルの本決め」を件名として約5秒で届きます )

    おつかれさまでした。

     

    ※1:例えば『Google上位表示64の法則』(ASCII 藤井新二郎著)など

    ランディングページは自分で作成・制作する時代に | 最新海外10の鉄則 | SEO対策+α

    ランディングページは、どのようなものが反響(成約率・コンバージョン率)がよいのか?

    このことについての客観的な知識がなければ、せっかくSEO対策を行っても、またはインターネット広告に費用を投じても、極めて効率が悪いことになる。

    その理由は簡単だ。次の計算式を見て欲しい。

    ネット上での売上計算式

    SEO対策は重要だが、成約率・コンバージョン率を意識せず、SEOだけを追い回しても効率が悪過ぎることは、一目瞭然だ。

    あなたは、このテンプレートを利用して成約率・コンバージョン率を、ぜひ、上げて欲しい。

    [br num=”1″]

    ランディングページの構成とデザインを総まとめ | 外せない10の鉄則 | SEO対策+α

    ランディングページの構成は、どのようなものが効果的なのだろうか?また、そのデザインは、どのようなものが良いのだろうか?

    効果的で良いとするものについては、どのような裏付けをもとに、そう言えるのだろうか。

    このテンプレートのページと解説のページでは、理由を示しながら徹底解説を行っている。