セールスレターの書き方を徹底解剖! | BEAFの法則の無料テンプレート

コンテンツ重視に対応のテンプレートを表すTOP画像
[最終更新日]2015/9/1 [公開日]2013/11/27 五十嵐 習時
  • 「B」Benefit(利益)
  • 「E」Evidence(証拠)
  • 「A」Authority(権威)もしくは Advantage(競合優位)
  • 「F」Feature(特徴)もしくは Feel easy(安心)
    • LINEで送る
    • 愛犬ポチ

    テンプレート6の特徴と解説
    セールスレターの書き方 | Web版基本テンプレート No.6 BEAFの法則1

    ランディングページの標準的な型とテンプレートの画像

    サイト訪問者をつかむ
    「BEAFの法則」1

    広告業界、特にダイレクトレスポンス広告業界から生まれたこの「BEAFの法則」を、知っているかどうかで、サイト滞在時間やコンバージョン率(成約率)が大きく変わる。

    「BEAFの法則」とは上の表から理解できるとおり
    [br num=”1″]「Benefit(利益)」、「Evidence(証拠)」、「Authority(権威)」もしくは「Advantage(競合優位)」、「Feature(特徴)」もしくは「Feel easy(安心)」の頭文字を取ったものである。

    この「BEAF型1」は「F」について「Feel easy(安心)」とし、一方、「BEAF型2」は「F」について「Feature(特徴)」として、テンプレートを用意した。

    ■ 日本国内での「BEAFの法則」の起源

    『お客のすごい集め方-4つのパーツでその気にさせるレスアドのノウハウ-』(阪尾圭司著 ダイヤモンド社 2006年11月17日)に同様のことが書かれており、この手法を使った広告は、この本の著者が経営する広告代理店を通じ、大手企業の間にも広がった。

    一方、起源は定かではないが、マーケティング用語として「FAB」(Feature、Advantage、Benefit)というものがあり、これにEvidence(証拠)を加えて「FABE」とし、これが「BEAFの法則」の起源だとする説もあるが、裏付けに乏しく、定かだとは言い難い。

    ネット上での売上計算式

    いずれにしても、広告だけでなく、ホームページやチラシ、店頭デザイン、DMなどあらゆる集客ツールに応用できる法則であり、必ず押さえておくべき技法だ。特に、webページでは上の計算式のとおり、「BEAFの法則」を利用するか否かで、成約率やコンバージョン率が変わってくる。

    ただ「BEAFの法則」については、上の4つの構成内容から明らかなとおり、売る技術であるクロージング部分が乏しい。

    実は、「BEAFの法則」とは、販売・営業技術のうち、購入の意思決定へと誘導する「クロージング技術」の一部、「信用」「信頼」の部分を構成する要素に過ぎない。

    そのため、よほど知名度が高い商品・サービスや購買頻度の高い商品でない限り、訪問者に対し、「BEAFの法則」だけを利用して、いきなり売しようとしない方が無難だ。

    無料ダウンロードなどを用意して、メールアドレスの取得などに留めるた方が、結果として効率的となる。

    ご存知だろか、世界標準のランディングページでも、これと同じ考え方で、この「BEAFの法則」が、主に、ランディングページのCall-to-Action(コール・トゥ・アクション)を行うための法則として利用されている。

    さて、このページでは「BEAFの法則1」として、その構成を「Benefit(利益)」「Evidence(証拠)」「Authority(権威)」「Feel easy(安心)」としテンプレートを用意した。

    「A」は「Advantage(競合優位)」じゃないの?、という声が聞こえてきそうだが、「BEAFの法則」に「Advantage(競合優位)」を加えたい場合には、具体的な証拠を示して「Evidence(証拠)」として、その一部に含ませる方がよい。

    なぜなら、ネット上では信頼感を与えることが大変重要であるため、「BEAFの法則」の「A」は「Authority(権威)」にした方が良く、その方があなたのサイトのコンバージョン率は確実に上がるからだ。

    重要なことは、語呂合わせや言葉遊びではなく、あなたのWebサイトの成約率を上げることだ。

    • LINEで送る
    • 愛犬ポチ

    ■ 用意するもの ■

    1「B」Benefit(利益や結果)
    商品・サービスのBenefit(利益や結果)をもう一度、消費者の視点で洗い出すこと

    2「E」Evidence(証拠、実証)
    1を踏まえて、それを裏付ける具体的な例となるEvidence(証拠、実証)(できれば3つ)写真、動画、データ、証明書など

    3「A」Authority(権威付け)
    Authority(権威付け)として、その分野の専門家によるコメント、公的機関が発行する証明書等、有名スポーツ選手や著名人からの写真付のコメントなど

    4「F」Feel easy(安心)
    Feel easy(安心)として、お客様の声

    このテンプレートは説得型で、反響を得やすいWebページ文章作成の万能型。
    7つのポイント解説は、次のとおり。

    BEAFの法則_No.1_文章作成テンプレートの画像

    「B」Benefit(利益)。記事タイトルは、最も重要で、冒頭に検索キーワードを含め(2015年8月現在、Googleの検索結果の表示文字数から)27文字以内。顧客のBenefit(利益や結果)を魅力的な文言で表す。できれば数字を含めると良い。以前は32文字であったが、Googleはスマートフォンの普及を考慮し文字数を短くしているようである。なお、左の画像では「h2」としているが「h1」でもよい。

    ② 記事タイトルの下に読者の興味を引き付けるフック文章。その際、横に記事内容をイメージしやすい画像や動画のサムネイル画像があると離脱率が下がる。(Fライン・Zラインを意識)

    「E」Evidence(証拠、実証)。記事タイトルや上のフック文章の内容を客観的に裏付けないとネット上では信用してもらいにくい。「例証」が必要で、そのためには具体的な例を示し、理由を説明することが求められる。

    「A」Authority(権威付け)。既に広く認知されている商品やサービスやブランドが確立しているものを除き、訪問者は通常、警戒して見ている。そこで信用・信頼してもらう技術としてAuthorityは重要だ。複数あるとなお良い。

    「F」Feel easy(安心)。お客様の声をリアリティがあるように記載する。

    ⑥ クロージングを行うか、もしくは、せっかくの訪問を無駄にしないように、また、Webマーケティングを効率的に行い、より高い効果を得るために、必ずCall-to-Action(コール・トゥ・アクション)を設置する。

    ⑦ ここで h2タグ を再度利用しているのは、統計上、検索結果の上位ページには1ページあたり h2タグ が2つ以上ある場合が顕著なためだ。


    以下の無料テンプレートを利用して検索エンジンに強いセールスレターをテキパキと作って欲しい。

    • LINEで送る
    • 愛犬ポチ

    以上の「セールスレター BEAFの法則1」のテンプレートは次のリンクから

    セールスレター用文章テンプレート BEAF型1(ランディングページ用)

    こちらから お好みのタイプへどうぞ Googleが好むビジネスコンテンツ(文章部分)の作成をテキパキと

    ■ 以下は各テンプレートへのリンクとその解説への内部リンク
      まずは解説を読んでから効率的に!

    ▶ テンプレート1
    PREP法 米国流論理的文章構成「①導入結論②理由③具体例④最終結論」

    ▶ テンプレート1の解説

    ▶ テンプレート2
    時系列の記事・まとめ記事・リスト記事用(広告業界で一般的な型)

    ▶ テンプレート2の解説

    ▶ テンプレート3
    論理的構成 読み手を納得させ 最もよく利用される AとBの比較型

    ▶ テンプレート3の解説

    ▶ テンプレート4
    論理的構成 AブロックとBブロックの対比型

    ▶ テンプレート4の解説

    ▶ テンプレート5
    論理的構成 A・B・C 3つ以上の比較型

    ▶ テンプレート5の解説

    ▶ テンプレート6
    セールスレターの書き方 | Web版基本テンプレート No.6 BEAFの法則1

    ▶ テンプレート6の解説

    ▶ テンプレート7
    セールスレターの書き方 | Web版基本テンプレート No.7 BEAFの法則2

    ▶ テンプレート7の解説

    ▶ テンプレート8
    セールスレター・テンプレート プレミアム(ランディングページ用)
    ▶ テンプレート8の解説(準備中)

    ▶ テンプレート9
    起承転結型(漢詩で採用されて以来、1000年以上も利用される定番)

    ▶ テンプレート9の解説

    ▶ テンプレート10
    AIDMA型

    ▶ テンプレート10の解説

    ▶ テンプレート11
    世界標準 ランディングページ・フォーメーション文章作成テンプレート

    ▶ テンプレート11の解説

    ▶ テンプレート12
    大学生用レポート・テンプレート(準備中)

    テンプレート7の特徴と解説
    セールスレターの書き方 | Web版基本テンプレート No.7 BEAFの法則2

    ランディングページの標準的な型とテンプレートの画像

    サイト訪問者をつかむ
    「BEAFの法則」2

    広告業界、特にダイレクトレスポンス広告業界から生まれたこの「BEAFの法則」を、知っているかどうかで、サイト滞在時間やコンバージョン率(成約率)が大きく変わる。

    「BEAFの法則」とは下の表から理解できるとおり
    [br num=”1″]「Benefit(利益)」、「Evidence(証拠)」、「Authority(権威)」もしくは「Advantage(競合優位)」、「Feature(特徴)」もしくは「Feel easy(安心)」の頭文字を取ったものである。

    この「BEAF型1」は「F」について「Feel easy(安心)」とし、一方、「BEAF型2」は「F」について「Feature(特徴)」として、テンプレートを用意した。

    ■ 日本国内での「BEAFの法則」の起源

    『お客のすごい集め方-4つのパーツでその気にさせるレスアドのノウハウ-』(阪尾圭司著 ダイヤモンド社 2006年11月17日)に同様のことが書かれており、この手法を使った広告はこの本の著者が経営する広告代理店を通じ、大手企業の間にも広がった。

    一方、起源は定かではないが、マーケティング用語として「FAB」(Feature、Advantage、Benefit)というものがあり、これにEvidence(証拠)を加えて「FABE」とし、これが「BEAFの法則」の起源だとする説もあるが、裏付けに乏しく、定かだとは言い難い。

  • 「B」Benefit(利益)
  • 「E」Evidence(証拠)
  • 「A」Authority(権威)もしくは Advantage(競合優位)
  • 「F」Feature(特徴もしくは Feel easy(安心)
    • LINEで送る
    • 愛犬ポチ

    『お客のすごい集め方-4つのパーツでその気にさせるレスアドのノウハウ-』(阪尾圭司著 ダイヤモンド社 2006年11月17日)に同様のことが書かれており、この手法を使った広告はこの本の著者が経営する広告代理店を通じ、大手企業の間にも広がった。

    一方、起源は定かではないが、マーケティング用語として「FAB」(Feature、Advantage、Benefit)というものがあり、これにEvidence(証拠)を加えて「FABE」とし、これが「BEAFの法則」の起源だとする説もあるが、裏付けに乏しく、定かだとは言い難い。

    ネット上での売上計算式

    いずれにしても、広告だけでなく、ホームページやチラシ、店頭デザイン、DMなどあらゆる集客ツールに応用できる法則であり、必ず押さえておくべき技法だ。特に、webページでは上の計算式のとおり、「BEAFの法則」を利用するか否かで、成約率やコンバージョン率が変わってくる。

    ただ「BEAFの法則」については、上の4つの構成内容から明らかなとおり、売る技術であるクロージング部分が乏しい。

    実は、「BEAFの法則」とは、販売・営業技術のうち、購入の意思決定へと誘導する「クロージング技術」の一部、「信用」「信頼」の部分を構成する要素に過ぎない。

    そのため、よほど知名度が高い商品・サービスや購買頻度の高い商品でない限り、訪問者に対し、「BEAFの法則」だけを利用して、いきなり売しようとしない方が無難だ。

    無料ダウンロードなどを用意して、メールアドレスの取得などに留めるた方が、結果として効率的となる。

    ご存知だろか、世界標準のランディングページでも、これと同じ考え方で、この「BEAFの法則」が、主に、ランディングページのCall-to-Action(コール・トゥ・アクション)を行うための法則として利用されている。

    さて、このページでは「BEAFの法則1」として、その構成を「Benefit(利益)」「Evidence(証拠)」「Authority(権威)」「Feel easy(安心)」としテンプレートを用意した。

    「A」は「Advantage(競合優位)」じゃないの?、という声が聞こえてきそうだが、「BEAFの法則」に「Advantage(競合優位)」を加えたい場合には、具体的な証拠を示して「Evidence(証拠)」として、その一部に含ませる方がよい。

    なぜなら、ネット上では信頼感を与えることが大変重要であるため、「BEAFの法則」の「A」は「Authority(権威)」にした方が良く、その方があなたのサイトのコンバージョン率は確実に上がるからだ。

    重要なことは語呂合わせや言葉遊びではなく、あなたのWebサイトの成約率を上げることだ。


    • LINEで送る
    • 愛犬ポチ

    ■ 用意するもの ■

    1「B」Benefit(利益や結果)
    商品・サービスのBenefit(利益や結果)をもう一度、消費者の視点で洗い出すこと

    2「E」Evidence(証拠、実証)
    1を踏まえて、それを裏付ける具体的な例となるEvidence(証拠、実証)(できれば3つ)写真、動画、データ、証明書など

    3「A」Authority(権威付け)
    Authority(権威付け)として、その分野の専門家によるコメント、公的機関が発行する証明書等、有名スポーツ選手や著名人からの写真付のコメントなど

    4「F」Feature(特徴)
    Feature(特徴)として、その他伝えておくべき重要な特徴や情報

    このテンプレートは説得型で、反響を得やすいWebページ文章作成の万能型。
    7つのポイント解説は、次のとおり。

    BEAFの法則_No.2_文章作成テンプレートの画像

    「B」Benefit(利益)。記事タイトルは、最も重要で、冒頭に検索キーワードを含め(2015年8月現在、Googleの検索結果の表示文字数から)27文字以内。顧客のBenefit(利益や結果)を魅力的な文言で表す。できれば数字を含めると良い。以前は32文字であったが、Googleはスマートフォンの普及を考慮し文字数を短くしているようである。なお、左の画像では「h2」としているが「h1」でもよい。

    ② 記事タイトルの下に読者の興味を引き付けるフック文章。その際、横に記事内容をイメージしやすい画像や動画のサムネイル画像があると離脱率が下がる。(Fライン・Zラインを意識)

    「E」Evidence(証拠、実証)。記事タイトルや上のフック文章の内容を客観的に裏付けないとネット上では信用してもらいにくい。「例証」が必要で、そのためには具体的な例を示し、理由を説明することが求められる。

    「A」Authority(権威付け)。既に広く認知されている商品やサービスやブランドが確立しているものを除き、訪問者は通常、警戒して見ている。そこで信用・信頼してもらう技術としてAuthorityは重要だ。複数あるとなお良い。

    「F」Feature(様々は特徴)。その他伝えておくべき重要な特徴や情報。

    ⑥ クロージングを行うか、もしくは、せっかくの訪問を無駄にしないように、また、Webマーケティングを効率的に行い、より高い効果を得るために、必ずCall-to-Action(コール・トゥ・アクション)を設置する。

    ⑦ ここで h2タグ を再度利用しているのは、統計上、検索結果の上位ページには1ページあたり h2タグ が2つ以上ある場合が顕著なためだ。

    以上の「セールスレター BEAFの法則2」のテンプレートは次のリンクから

    セールスレター用文章テンプレート BEAF型2(ランディングページ用)

    テンプレート8の特徴と解説
    ランディングページ用セールスレター型 プレミア

    現在、完成版の試験・検証中です。

    BEAFの法則とは | SEO対策+α

    「BEAFの法則」とは上で申し述べたとおり、販売する技法「クロージング」の一部を構成する「信頼」「信用」について、これらをWebページやセールスレターなどの文面上で得ようとする技法だ。

    ぜひ、これらのテンプレートを使って読み手に「信頼」感を与え、説得力のあるコンテンツを作って欲しい。あなたのWebページのコンバージョン率が上がることを願ってやまない。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です